足のに臭い原因と解消法最新の記事

足の臭いの原因

暑い季節になると足の臭いが気になりますね。特に1日中革靴を履いている人は特に臭いに悩まされるようです。このような方は靴を脱いだ時にはプーンと臭いが漂ってきます。

また、女性ではブーツを履いた後の足の臭いが話題になり、ニュースなどでもニオイを計る測定器で「そのニオイはなんと、納豆級」なんて言われていましたね。
ではこの足の臭いの原因はなんでしょうか。

足の裏、足指間には「エクリン腺」という汗の穴が密集しています。1平方センチメートルの中に1000個以上、足の裏には約200万個の汗腺があると言われており、汗かきの人は両足でコップ1杯以上の汗をかきます。

「エクリン腺」から出る汗は、わきの下の「アポクリン腺」から出る汗と違って臭いはありません。

しかし、この汗を拭うことなく靴やブーツをはき続けると、高温多湿を保っている靴の中は絶好の微生物の発生の場となり、雑菌の増殖の場となります。

足が臭うのは、どんどん増殖された雑菌などが汗や皮脂に含まれる有機物を分解して悪臭に変えてしまうからなのです。特に足のニオイが強い人はこれに加え、イソ吉草酸(イソプロピル酢酸)などの有機脂肪酸が原因になっていることもあります。

 

 武蔵野うどん  稲庭うどん  盛岡冷麺

足のに臭い原因と解消法について

汗をかく度、気になる度にエチケットスプレーをしていませんか?従来のスプレーは、臭いの発生元をふさぐ事によって悪臭を抑えているので、汗で流れてしまえば抑臭効果が無くなってしまいます。またスプレーの臭いと汗の臭いがミックスして余計に変な臭いになったことありませんか?
カテゴリー
更新履歴
足の臭いの原因(2009年10月24日)
足のにおいの解消法はラヴィリンで決まり(2009年10月24日)
まずは清潔にすること(2009年10月24日)
自然派の足専用シャンプー『すあしびじん』(2009年10月24日)